<< 11/8  仙台初日 . . ... 11/8 『独乗り&呑み旅行』... >>

11/8  仙台初日 . . .1件目『源氏』

ホテルを17時半前に出発っ!!!

創業1950年っ034.gif
太田和彦さんも大絶賛の仙台の老舗『源氏』に行って来ましたっ. . . . . . . . . . ていうか、やっと行けましたっ071.gif041.gif071.gif


呑み屋横丁の多い仙台ですが、その中のひとつ"文化横丁"にありますっ034.gif
f0174550_23585352.jpg

横丁から小路を奥にズズズイっと進みますっ023.gif

そうすると一番奥手に縄のれんの渋ぅ〜い佇まいの『源氏』の入り口に到着っ016.gif
f0174550_032059.jpg

店内に入ると薄暗いく、無音. . . . . 042.gif

コの字のカウンターに、常連さん達が酒を酌み交わしているっ. . . . . . 008.gif

恐る恐るカウンター右手奥手前に席を構え、女将さん(ボクが存じ上げていた方とは違うお方でした. . .(20時交代されるそうです) )が、籠に入れたおしぼりを渡してくれて、

「お飲物は何になさりますか?」と. . . . . 。

ボクは「ビールを頂けますでしょうか. . . ?」
    自然といつもより丁寧になってしまう. . . . . . 012.gif


. . . . . 泡とビールの比率バッチリの"生ビール"が届くっ072.gif068.gif072.gif

   『いやぁ〜っ! サイコーですっ072.gif072.gif072.gif

そして同時に"お通し"の「菜の花のからし醤油和え」と「胡瓜と大根の糠漬け」が運ばれて来ました。。。


こちらのお店は、お酒1杯に1品料理が付くシステムになっています(調べていたので知っていました. . . . 011.gif

壁には「しめ鯖」、「ごま豆腐」、「かき酢」、「いわし丸干し」etc...の多彩なメニューもあって目移りするんですが、こちらでは4杯決めて、もう1件はサイテーでも行きたいと思っていたので、ここはセーブです. . . . . 007.gif(涙)

2杯目っ!

「新政」の冷やを注文っ016.gif
同時に「湯豆腐」が届く。。。

ちなみにのつまみの呼び名は"湯豆腐"のまんまでした. . . . . 023.gif

水気が温められてほど良く抜けていて、大豆の味がダイレクトに感じる、酒の肴としてサイコーな一品でしたっ049.gif


3杯目っ!

またまた「新政」冷やっ!!
もちろんもう一品っ!
「赤身と〆鯖の刺盛り(二切れづつ)」ですっ072.gif041.gif072.gif

     マチガイないっ!

呼び名は"三杯目"ですってっ005.gif!?(この辺から気になり始めたんですがネ. . . 012.gif(恥))


そして自分の中のラストっ!

4杯目っ!!

「新政」燗でっ!!!

受け皿のついた12角形(ちゃんと数えましたよっ!)のガラスのコップに溢れるまで注がれた、ステンレス製の年期の入った燗つけ機を数秒くぐらせただけなのにサイコーの"ぬる燗"状態でいただける、この時期にはサイコーな酒ですネっ024.gif

今回はなんと、女将さんが. . . .
「4杯目ですので、『おでん』と『お汁』どちらになさいますか?」とっ. . . . !?

ボクは心に決めていた答えの
      「では"お汁"をいただきます」と。。。

基本的に4杯システムなんでしょうネ. . . . . 。
f0174550_052346.jpg


もちろんそれ以上呑んでも構わないようですが. . . . . 。

しかし店内は、奇麗な服装をされたお年を召された紳士の"独呑み人"の方々が常連同士約束をした訳でもないのでしょうが『源氏』で顔を合わせ、酒を酌み交わしている. . . 001.gif

そしてまた独り常連さんが現れると、席を譲りお会計をしてホントに、それは見事にスマートに帰られて行く. . . . . 043.gif


なんか格好良く思えるっ. . . . . . . 012.gif


仙台1件目。


とてつも無く、充実した1時間だった気がして清々しく酔えましたっ072.gif072.gif072.gif

f0174550_0593667.jpg



p.s.

あまりに雰囲気が良い為、店内写真撮影はボク的にナンセンスと思い、撮りませんでした. . . . . . . . . . . . . . . . . 040.gif(あしからず)
[PR]
by san-zu | 2008-11-11 01:08 | 居酒屋 グルメ つまみ サウナ
<< 11/8  仙台初日 . . ... 11/8 『独乗り&呑み旅行』... >>